福山匠(Goodbye holiday)|元バンドマン逮捕の衝撃!高校大学特定

『Goodbye holiday(グッバイホリデー)』のバンド名で

活躍されたベースの男性が逮捕され話題となっています。

男性の名前は福山匠さん。

Goodbye holidayと福山匠さんについてリサーチしてみました。

 

Goodbye holidayとは?

2008年にボーカルの児玉一真さんが、

同じ大学だった福山匠さんと後輩の山崎晃平さんを誘い結成。

広島サンモールが主催のインディーズバンドコンテストでグランプリを獲得したことにより上京します。

その後、大森皓さんが加入しGoodbye holidayのメンバーが揃います。

「No Big Deal Records」所属し音楽活動を本格化させ3枚のミニアルバムをリリースし、

2015年にavex traxよりメジャーデビューします。

 

 

数々の楽曲でテーマソングやエンディングテーマなどに抜擢されメディア出演も多数。

デビュー曲の“革命アカツキ”はTBSの音楽番組「CDTV」のエンディングテーマ

福原遥さん主演映画「女々演」主題歌“きらり”

テレビ東京系アニメ『遊☆戯☆王VRAINS』エンディングテーマ“Writing Life”

2018年5月13日の『ドッペルゲンガー ワンマンTOUR~命の遠征記~』

ライブを最後に解散となっていました。

福山匠 プロフィール

福山匠 PROFILE

名前:福山匠(ふくやまたくみ)
愛称:まさはる
生年月日:1988年7月7日
出身:広島市
出身高校:舟入高等学校
出身大学:県立広島大学
所属:元Goodbye holiday

 

 

 

東京都大田区東糀谷在住の会社員と報じられていますが、

twitterのプロフィール欄には以下のような記載がありました。

 

 

福山匠 Twitterプロフィール

福山匠。Goodbye holiday Baでした。 現在Webマーケティング&作詞&諸々のライティングをしながら生きてます。
「原宿のパンケーキ屋の列並んどいて!!」レベルでなんでもご依頼ください。

福山匠さんが事件を起こしたとされているのは2019年9月10日。

Twitterではその翌日に呟かれていました。

 

 

 

おすすめの記事