演歌歌手の細川たかしさんの妻・和子さんが亡くなっていたことが報じられました。

2018年11月に亡くなっていたそうですが、近親者での密葬を行っていたようです。

再ブレーク中の細川たかしさんですが、奥様とは一体どんな方だったのでしょうか?

細川たかしさんについては過去記事にありますのでこちらをご覧ください↓

 

 

スポンサードリンク

 

馴れ初めは!?

北海道出身の細川たかしさん。

高校を中退し自信のあった歌で勝負したいと札幌で挑戦を始めます。

最初のうちは、売れるはずもなくタダでも良いので歌わせて欲しいと歓楽街すすきので下積み時代を過ごします。

昼は民間工場で自動車整備を行い、夜はクラブ歌手。

徐々に歌がうまいと評判になり、幾つかのクラブの掛け持ちをするようになると自動車整備の仕事を辞め歌に専念します。

そんな時に出会ったのが妻・和子さん。

和子さんはナイトクラブで働いていたんでそうです。

出会ってすぐに好きになったんだとか。一目惚れですね。

1学年上だった和子さん

しかし年下は嫌いだということが判明し、年齢をごまかして猛アプローチをかけます。

交際期間は3ヶ月ほどで、1974年に結婚しすぐに子供にも恵まれたそうです。

 

妻・和子さんはどんな人物だったのか!?

細川たかしさんは2005年に個人事務所の「細川たかし音楽事務所」を設立します。

この個人事務所の事実上のトップが和子さんでした。

 

『あなたはそのままでいいのよ』

『いつも明るいたかしさんで』

 

が口癖で常に細川たかしさんを肯定してくれる方だったようです。

細身の方で美人と皆が口を揃えて言うほどで、お酒に強く、黒い服がお好きだったようです。

 

結婚45年でも仲睦まじく

お互い北海道出身で、札幌で出会ったということもあり思い入れのある街だとして

1991年には自宅と賃貸マンションを兼ねたビルを建設し度々“故郷”に帰っていたんだそう。

2010年前後に和子さんの体に異変が起き、入退院を繰り返すほど体調が崩れていたのです。

その後、“故郷”札幌に戻り病気療養していました。

仕事がない日は、細川たかしさんも看病のため札幌の自宅へ戻っていました。

 

亡くなる前に、

“たかしさんには仕事に私情を持ち込んでほしくない”

 

ということで、亡くなった際には周りに話さないで欲しいとお願いしていたようです。

亡くなった際は細川たかしさんはハワイで仕事中。

最後を看取ることはできませんでした・・・。

常に細川第一主義だった妻・和子さん。

細川たかしさんも同じく和子さんを第一に考えていたようです。

『いつも明るいたかしさんで』という言葉を胸にこれからも歌い続けてくれるでしょう。

 

スポンサードリンク