貴ノ岩が付け人に暴行!?

何かの間違いでしょ?と思いたくなるような見出しですが、実際に起きてしまったようです・・・。

 

2017年10月に日馬富士に暴行を受けて傷害事件の被害者だったはずですが、今度は加害者に!?

貴ノ岩が被害者→加害者になるまでの経緯を見てみましょう。

 

スポンサードリンク

 

 

 

2017年10月26日
鳥取県のカラオケ店で日馬富士から暴行を受け頭部を負傷

2017年10月29日
被害届提出

2017年11月05日
福岡市内の病院に入院

2017年11月09日
退院

2017年12月03日
冬巡業を休場

2018年01月12日
初場所の休場

2018年03月01日
騒動後、初めて公の場で取材に応じた

2018年03月
3場所ぶりの復帰の春場所で8勝7敗

2018年05月
夏場所は11勝4敗

2018年07月
名古屋場所で13勝2敗の十両優勝

2018年09月
秋場所で10勝5敗 

2018年10月2日
千賀ノ浦部屋へ移籍

2018年10月4日
元横綱・日馬富士に2,413万5,256円の損害賠償を民事提訴

2018年10月30日
提訴取り下げ

 

貴ノ岩と日馬富士の問題はとりあえず終止符を打ったのですが・・・。

貴ノ岩が2018年12月04日に24歳付け人の弟弟子に対し平手と拳で4、5回殴る暴行をしてしまったのでした。

殴った理由は、

付け人が忘れ物をして言い訳をしたから

外傷はないが頰が腫れて病院で診察を受けたのでした。

 

 

引退もあるかも!?

2018年10月25日に日本相撲協会が暴力決別宣言を発表してわずか1か月ちょっとでした。

暴力決別宣言をしたばかりとあってまさか被害者だった人物が加害者になるとは誰も考えていなかったでしょう。

かなり重い処分が下されることは言うまでもないでしょう。

最悪の場合は除名、2番目に重い解雇、3番目に重い引退勧告ということも十分考えられるでしょうね。

 

性格に難あり!?

今回の一件で貴ノ岩の性格について物議されています。

日馬富士の暴行事件の時も、『これからは僕たちの時代だ』と発言していたこともひっかかってはいましたが、

今回は忘れ物で言い訳をした弱い立場の付け人に暴力を振るっています。

やはり何か性格に問題があるのかもと思ってしまいます。

Twitterではこんな声がありました↓

 

 

スポンサードリンク