北海道で起きた爆発事故で発生元の可能性がある不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」。

こちらを運営しているのが「アパマンショップリーシング北海道」という企業になります。

北海道社長の佐藤大生社長が会見を行いました。

 

死者が出なかったことが不幸中の幸いですが、42人ものけが人が多数出ており、その中には1歳児も含まれることから深刻な問題となっています。

閉めきった室内で換気を行わず、スプレー缶のガスを抜くことが危険だと感じなかったか不思議ですが、

さてなぜ新品のスプレー缶を空にしなければならなかったのか??

 

スポンサードリンク

 

爆発のきっかけになったとされているスプレー缶は除菌消臭用のスプレー缶。

廃棄処分のためにガス抜き作業をしていました。

 

 

仲介物件の室内を除菌消臭のためのもので、施工代も含めると1万〜2万円ほどにもなったということです。

実際にアパマンのサイトを見てみると消臭抗菌代として20、000円➕消費税との記載があった。

 

料金を受け取っていたにも関わらず消臭作業を行っていないケースがあるということが噂されているのです。

佐藤大生社長は「反省、精査し客には対応したい」と話しています。

 

ボタンを押すだけの簡単施工で、3・4分ですべて噴射するのに、

高額だという批判や、原価は1、000円程度であることも判明し爆発問題とは別のところで追及されることとなったのです。

 

 

経歴・学歴・年齢は?

残念ながら12/18現在は経歴や学歴、年齢は明らかになっていませんでした。

 

 

敬語の使い方・日本語がおかしい

▼本当にこの度は、たくさんの皆様に御迷惑をかけてしまったこと、本当に、心より、申し訳ございませんでした

▼社員とお話をすることができました

▼細かい内容はご確認をしておりません

▼警察の方に行かせていただいて、ご確認ご説明をさせていただきました

▼勤続年数は当社に来ていただいて7年以上(社員に対して)

▼もう一度、社員徹底をしっかりさせていただき(社員教育の徹底か??)

▼通常で言ったら、考えれないこと

 

スポンサードリンク

 

この会見を見たTwitter民の反応を見てみましょう