またスポーツ界でパワハラ騒動が起きています

しかし今回は、

指導者VS選手

ではないぞ・・・。

パワハラを受けたはずなのになぜかパワハラを受けたとされる選手がパワハラを行ったとされる指導者を擁護しています

あれ??

今回話題になっている選手が、

日本の体操女子の宮川紗江選手

宮川紗江選手についてリサーチしてみました

 

 

宮川紗江 プロフィ−ル

名前:宮川紗江(みやがわさえ)

生年月日:1999年9月10日

年齢:18歳(2018年8月現在)

出身:東京都西東京市

所属:レインボー

 

2歳から体操競技を始めた宮川選手ですが、

問題となっている速見佑斗コーチとは小学校5年生の時に出会いました

2013年に女子ジュニアナショナル選手に選出され、

2014年には南京ユースオリンピックに出場しました

結果は種目別-跳馬で銅メダルを獲得しています

また2014年7月に開催された全日本体操種目別選手権大会では「跳馬」で優勝、「ゆか」2位という好成績を残し注目を浴びます

2016年リオデジャネイロオリンピックでは女子団体総合で4位に導く演技で貢献

2017年全日本体操種目別選手権 では「跳馬」と「ゆか」で優勝

2018年オランダ国際大会(ヘーレンフェーン)団体で金メダル獲得

2020年の東京オリンピックでの活躍が期待されています

 

パワハラ騒動は闇が深い

宮川選手が専属契約していたレインボー

今後は所属契約を解除して当面は無所属で活動する意向であることが判明しています

2018年5月〜2020年8月までが契約だったようです

わずか4か月ほどでの契約解除の理由は、

無期限登録抹消の処分をされた、速見佑斗コーチの元で指導を受けたいためで

宮川選手本人が抗議文を提出していますが

パワハラされたとは感じていませんし、今回のことも訴えたりもしていません

家族も同じです

 

 

ハッキリとわかったのはパワハラを訴えたのは宮川選手ではないこと

となると速見元コーチを訴えたのは他の選手なのか?

それとも世間的にパワハラが問題になっているため速見元コーチを追い出したいという思いがあった人物がいたのか?

 

宮川選手は体操はおろか日常生活も普段通り過ごせない状態となっており

今後の大会出場も厳しい状況になりそうです

東京オリンピックも間近に迫ってきているのに

なぜ??こんなことに・・・

宮川選手は落胆していることでしょう

 

宮川紗江選手の「ほくろ」で占いしてみた

ほうれい線上にある「ほくろ」を持つ人の特徴は?

ほうれい線上にほくろがある人は、繊細で神経質な人が多いとされます。誰に対しても細やかな気遣いなどができ、人当たりが良いようです。その分、周りを気にし過ぎて、精神的なストレスを溜めやすいことになります。精神的な病気にも注意が必要かもしれません。

責任感が強く、人から頼み事をされると誠心誠意やり遂げようとします。何事もきっちりとしていないと収まりが良くないようです。モラル意識が高く、好き嫌いがハッキリとしているとされます。理想が高い人が多く、なかなか満足感が得られないようです。時には細かいことを気にしないことも必要かもしれません。またお金がない人との縁が深いとされ、損をすることも考えられます。人付き合いは、よく見極めた方が良さそうです。

引用元:https://spicomi.net/media/articles/200

 

今回の騒動で精神的な病気になることは避けていただきたいですね・・・。

 

 

 

高校大学はどこ!?

西東京市立青嵐中学校を卒業後、

私立の高校でサッカーで有名な西武台高等学校に進学

偏差値は45-59でした

サッカー日本代表の原口元気選手もこちらの高校出身です

2018年に3月に高校を卒業した後、

大学へは進学せずレインボーと専属契約し働いていました