空前の大ヒット映画「カメラを止めるな!」に盗作疑惑!?

と話題になっていますが、真っ向から否定する上田慎一郎監督

あまりにも突然の訴えに監督やスタッフ、出演者は驚きを隠せないでしょう。

さて今回盗作されたと訴えている和田亮一氏についてリサーチしてみました。

 

和田亮一氏 プロフィール

名前:和田亮一(わだりょういち)

生年月日:1986年5月30日

職業:演出家

好きなもの:プロレス

血液型:O型

劇団エムキチビートに所属していましたが

2011年5月に劇団PEACEを旗揚げ

2012年から埼玉県三郷市で事務所やスタジオをオープンするなどしています。さらに人材派遣などの仕事もをされていたそうです

 

劇団PEACEの代表作品である「GHOST IN THE BOX!」

 

これが「カメラを止めるな!」の原作となった舞台作品でした。

2014年に劇団PEACEを解散

再び劇団エムキチビートに戻り

「Fight Alone 4th」に参加し、和田亮一さんはTeamCに所属していたようです。

2015年には「TOKYO PUNCH-LINER」という演劇に参加。

 

和田亮一氏の主張によると、原作となった「作品名」「劇団名」がクレジットされていないことに問題があるとしています。

原作者である自身の著作権の侵害であるとして訴えています。

高校・大学はどこ!?

Facebookの情報によると、

高校は福島県の郡山高等学校でその後、明治大学に進学したとされています。

出身は福島県の可能性があるようです。

 

和田亮一氏がTwitterで「カメラを止めるな!」を絶賛?

盗作されたのであれば映画が公開された当初から激怒しているはず。

どれだけ苦い思いをしてこの大ヒット映画を鑑賞したのか・・・。

心中お察ししま・・・????

 

 

 

え!?

まさかの大絶賛をしていました!

 

しかも・・・

2回も観ています。

1回目で

原作となった「作品名」「劇団名」がクレジットされていない

ことには気づいているはずですよね。

その後、上田監督側と協議を行いクレジットに「原案」として劇団名と作品名を入れてもらうことになったようです。

さらには「原作」と認めて欲しいというのが和田氏の主張のようです。

※「原案」はまだ「作品」になっていない状態

 

 

和田亮一氏が「全然別物」と発言

「GHOST IN THE BOX!」と「カメラを止めるな!」は

『全然別物』

と認識していたことは間違いないようです。

なぜ盗作問題にまで発展してしまったのか?

FLASHの記事によると、

原案使用料を含め、今後想定される諸々の二次使用料を含めた買い取り額も、映画の大ヒットで得られる収益を考えると、明らかに違和感を覚える金額でしたし、舞台をもとにした作品にもかかわらず、映画を舞台にリメイクする権利なども、すべてあちらが有するという一方的なものでした

 

・・・お金?

 

 

さいごに

和田亮一氏自身は、お金が目的とかではなく、

劇団PEACEの尊厳を守りたいという思いで今回の訴えをしているとのことです。

劇団PEACEに在籍していた方々の意見も気になりますね。

本当に面白い作品ですので、

是非とも円満解決で決着して欲しいと願うばかりです。