悲報です。野村克也さんの妻である野村沙知代さんが2017年12月8日 85歳でこの世を去りました。

野村沙知代さんは福島県西白河郡西郷村出身生まれ育ち、本名は伊東芳枝(いとうよしえ)です。

25歳の時にアメリカ軍将校であるアルヴィン・エンゲルと結婚しダン(長男)、ケニー(次男)を産みます。

そう!実は二人は野村克也さんとの間の子供ではなかったんです。

野村克也さんの出会いは38歳の時。

当時のプロ野球チーム南海で監督権選手として活躍していた時のことです。

この頃、野村克也さんにも奥様がいましたが、一緒に食事をしたことがきっかけで二人は恋に落ちます・・・。

ダブル不倫ですね。

 

Ads By Google

 

その後、野村克也さんとの間に男児が生まれますがこの人物こそ野村克則さんですね。

野村克則さんといえば元プロ野球選手でヤクルト→阪神→巨人→楽天と渡り歩きます。

当時は親の七光りとまで言われていましたね。あまりに野村克也さんの存在が大きすぎたのです。

野村克也さんは元妻と、野村沙知代さんが元夫とそれぞれ離婚が成立したため二人は結婚します。

ちなみに野村沙知代さんの元夫アルヴィン・エンゲルはハワイで自殺しています。

その後はおしどり夫婦としてTVで人気となりサッチーという愛称で親しまれタレントとして活躍します。

しかし数々の問題を起こしTV会の問題児としても知られています。

学歴詐称!?

1996年に野村沙知代さんは第41回衆院選で東京5区から出馬します。

結果は落選でしたがその後1999年に公職選挙法違反に違反していたとある人物から訴えられます。

虚偽があったとのことでその虚偽の内容が、

・コロンビア大学留学

・1972年に野村克也と結婚

などでした。捜査員がコロンビア大学で調査するが当時の留学生の学籍原簿や単位認定記録等自体が残っておらず証拠をつかむことはできなかったそうです。また1972年当時には野村克也さんと事実婚であったことが判明したのでセーフです。確証を得ることができなかったため嫌疑不十分で不起訴となっています。

しかしその後の週刊誌の記者たちの懸命の調査で卒業生名簿に名前がなかったことが判明。それを追求するとコロンビア大学ではなく本当はコロラド大学だった語っています。コロンビア大学だと記載したのはミスだったとしその後は曖昧なままこの話は消えて行きました。

訴えた人物こそのちに壮絶なバトルを繰り広げる人物。

浅香光代さんです。

 

Ads By Google

 

ミッチーVSサッチー泥沼の戦い!

事の始まりは1999年3月31日。

浅香光代さんが出演するラジオ番組で、

「あんな人はもうイヤ。ひっぱたいてやりたい」

と野村沙知代さんへケンカを売ったことで狼煙が上がります

テレビの若い人や運転手を『バカヤロウ』と怒鳴りつけるなど弱い者いじめが過ぎる。

あんな女を番組に起用するから増長する

デヴイ夫人、美輪明宏渡部絵美らも浅香光代さんの味方となり野村沙知代を集中攻撃します。

当時の野村沙知代さんの嫌われ方は尋常ではなく「おしゃれカンケイ」という番組に出演した際には、スポンサーが降りるというほどでした。

70歳過ぎの二人の戦いは面白おかしくメディアは取り上げていましたね。

この戦いは逮捕がきっかけで幕切れとなります。

 

Ads By Google

 

 

野村沙知代が脱税で逮捕!

5億6800万円の所得を隠していたとして2001年12月逮捕されます。

法人税、所得税で合計 約2億1300万円を脱税していました。

当時、阪神タイガースの監督だった野村克也さんは続投するが決まったタイミングで監督辞任を余儀なくされました。

起訴事実は全面的に認め懲役2年(執行猶予4年)で罰金2100万円の判決が下されています。

この逮捕がきっかけとなりミッチー・サッチー騒動は浅香光代さんが勝利で終止符を打ちます。

身内から暴露される!

次男のケニーと実弟の伊東信義さんがそれぞれ暴露本を出版し野村沙知代のことを暴露しています。

[amazonjs asin=”4898090419″ locale=”JP” title=”姉野村沙知代”] [amazonjs asin=”4104490016″ locale=”JP” title=”グッバイ・マミー―母・野村沙知代の真実”]

昔から虚言癖があったり、万引きの常習犯だったことや警察沙汰を起こしていたことが暴露されています。

85年という生涯は果たして幸せだったのでしょうか?

これらの内容からだと日々戦いだったのではないかと思ってしまいます。

 

 

おすすめの記事