リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手が

日本体操協会からパワハラを受けていたという問題

名指しされた塚原千恵子女子強化本部長が話題となっていますね

真っ向から対立することになり今後も長引く争いになるかと思います・・・。

 

今回は塚原千恵子さんではなく息子さんについて記事にしてみます

実は息子さんは日本人ではなくオーストラリア人だったって知っています??

では塚原千恵子さんの息子「塚原直也」さんについて調査開始です!!

 

 

塚原直也 プロフィール

名前:塚原直也(つかはらなおや)

生年月日:1977年6月25日

年齢:41歳

出身:東京都

身長:166cm

体重:63kg

所属:朝日生命体操クラブ

 

あれ!?見たことある!と思った方も少なくないはずです。

塚原直也さんは、

モントリオールオリンピック金メダリストの塚原光男さんとメキシコオリンピックの体操女子代表の塚原千恵子さんの間に生まれた

最強遺伝子を持った塚原直也さん

やはり体操選手です

なんと2004年にアテネオリンピック団体総合で金メダルを獲得していました

だから見たことあるのかー

親子で金メダルとはすごいですよね!

簡単に経歴をまとめてみました。

体操を始めたのは11歳と遅く、朝日生命体操クラブで体操を始めています

出身高校の明治大学付属中野高校では1994年、1995年にインターハイ2連覇優勝

その後、明治大学に進学

1996年に全日本選手権で優勝し2000年までの5年間連続で優勝し長い間日本のトップとして日本体操界を引っ張る存在に

アトランタオリンピック、シドニーオリンピック、アテネオリンピック(団体金メダル獲得)と3大会に出場し、

2004年に紫綬褒章を受章しています

2008年の北京オリンピックの代表には選出されず現役引退かと思われたが・・・

 

国籍を変えオリンピックを目指す

2012年ロンドンオリンピック出場に向けて

選手として続けていくことにしましたが、日本では若い選手たちがグングンと力をつけていたためどれだけ頑張っても難しいという判断だったようです

そこで目をつけたのが国籍を変えて日本人としてではなく他国の籍でロンドンオリンピックに出場するということ

猫ひろしさんも同じように国籍を変えてリオデジャネイロ五輪に出場しています(カンボジア国籍)

オーストラリアの体操のレベルは日本に比べ格段に低かったことを知っていた塚原直也さん

 

 

2009年にオーストラリアに体操留学を開始

しかし国籍取得手続きが間に合わず2012年1月開催の五輪最終予選の代表を外れています

結局オーストラリア国籍を取得できたのは2013年4月のこと

夢は叶いませんでした・・・。

諦めきれず2016年のリオデジャネイロオリンピック出場を目指すが

すでに38歳だった塚原直也さん

体力の限界か、オーストラリア代表選考会で3位に

2016年3月に現役引退していました

 

 

現在の塚原直也の活動

2016年4月から朝日生命体操クラブの総監督に就任しており、

2020年に開催される東京五輪に出場する選手の育成に取り組んでいます。

結婚し嫁&子供がいた!

塚原直也さんは宮城県出身で当時航空会社勤務(CA?)していた

瑛里さんという方と2012年に結婚されていました

 

挙式の際の画像も発見しました

画像はこちらです→塚原直也&瑛里

 

子供にも恵まれ2013年8月2日に長男の綾人(あやと)君、2015年に次男の彰人(あきと)君

が誕生しています。

すでに2人の息子さんは体操を始めているようですので、

将来が期待されます

3世代での金メダル獲得という可能性もありますね

 

塚原直也さんのご両親のパワハラ問題の解決はどうなるのか?

今後も注目です!