小平奈緒は死因を知っている?同級生の住吉都の分も平昌で頑張る!

平昌オリンピックでもっともメダルに近い選手と言われているスピードスケートの小平奈緒選手。

日本選手団の主将として選手たちを引っ張っていく決意を宣言しました。

頼もしい小平奈緒選手ですが、

31歳とベテランではありますが童顔でかわいいと話題になっています。

メダル獲得に全集中力をオリンピックに向けていたのですが、突然悲しい知らせが入ってきたのです。

それが同期の訃報・・・。

お亡くなりになったのが、ソチ五輪にも出場したことがある住吉都選手でした。

 

【Ads By Google】

 

小平奈緒 プロフィール

名前:小平奈緒(こだいらなお)

生年月日:1986年5月26日

年齢:31歳

出身地:長野県茅野市

最終学歴:信州大学

所属:社会医療法人財団滋泉会相澤病院

 

住吉都選手 プロフィール

名前:住吉都(すみよしみやこ)

生年月日:1987年3月19日

年齢:享年30歳

出身:北海道

最終学歴:信州大学

所属:株式会社ローソン

 

【Ads By Google】

 

 

学年が同じ小平奈緒選手と住吉都選手は信州大学で4年間共にした仲だったのです。

亡くなったのは2018年1月20日のことでした。

住吉都選手の訃報を聞き遺族の了承を得て最後の別れをした小平奈緒選手は、

大学から4年間、一緒にやってきた。1番近くで一緒にやってきた仲間が、こういった形になってしまって、わたし自身も信じられない思いがある。前向きで、スケートを学ぼうと必死だった。今でも思い出す

と大粒の涙を流しながら語っていました。

2018年年明け早々に長野市内で一緒に練習もしていたということでショックが隠せなかったようです。

しかし、遺族から「都の分まで頑張って」と激励されたこともありオリンピックには影響はないようです。

むしろ「やってやろう!」という気持ちになったということです。

住吉都選手の死因は?

死因については一切公表はしていません。

ただ亡くなっていた状況の結果から自殺ではないか?という話です。

・20日に長野市内の自宅で亡くなっていた。

・死因は公表されていない。

・遺族の希望で葬儀・告別式の日取りは非公表。

・最近はスケートで結果が出せず悩んでいた(ワールドカップ、平昌五輪代表落ち)

・事件性はない

また信州大学のコーチが意味深な発言をしています。

結城コーチは、

住吉の気持ちは100%わからないが、これだけは住吉のために弁護したい。スケートで調子が上がらないから、ということではない。他にいろいろなことがあったと聞いている。スケートがだめでと、負けた気持ちではない。それはご理解してほしい

また、NHKもこんな記事を出していました。

 

【Ads By Google】

 

小平奈緒選手のTweetが意味深・・・。

「生きる」について小平奈緒選手が考えをTweetしていますが、

もしかしたら何かを察していたのかもしれません。

または、同級生ということもあり何かしら住吉都選手は悩みを打ち明けていたのでしょうか??