大坂なおみ選手が全豪オープンで優勝し世界ランキング1位。

日本人としてはもちろんアジア勢でも初となるため今最もHOTな話題となっています。

2020年の東京オリンピックでの日本代表としての活躍が期待されております。

(※すでに日本代表でやると本人は明言しています。)

しかし、水を差すようなコメントをtwitterでツイートし,

大炎上してしまっている人物がいるのです・・・。

 

 

 

現在炎上中の大学教授は誰?

それが帝京大学教授の潮田道夫(うしおだみちお)氏でした。

それでは、そのツイートを拝見して見ましょう。

 

Twitterで炎上したきっかけのツイートはこちら↑です。

POINTは4つ

▼多分米国籍を選択すると思う

[char no=”11″ char=”女性”]将来的にはわからないが、どちらを選択しても応援するけど?[/char]

 

▼日本人の失望はすごい

[char no=”13″ char=”男性(社会人)”]失望する理由がわからない。すでに日本代表としてオリンピックを目指していると言っている以上信じるべきでは?[/char]

 

▼政権が倒れるぞ

[char no=”11″ char=”女性”]政権関係あるの??[/char]

 

▼どうする諸君

[char no=”12″ char=”学生”]何も知らないくせに偉そうだな[/char]

 

大坂なおみ選手は、現在は日米の二重国籍です。

しかし、すでに2020年の東京オリンピックに日本代表として出場する条件は揃っています。

オリンピック憲章というものでは、1度1カ国を代表した選手ついてこう記されています。

『3年が経過後でないと、他の国籍を持とうとも国の代表になれない』

つまり2018年4月に国別対抗戦フェドカップで日本代表選手として選出され出場。

これにより日本以外の代表選手として出場することできないのです。

無論、オリンピック出場自体の可能性はありますが・・・。

ちなみに2019年2月に行われる国別対抗戦フェドカップにも大坂なおみ選手が出場することはほぼ間違いなし?

 

 

 

大坂なおみ選手自身も「日本代表として東京オリンピックでプレーしてメダルを取るのが夢」と公言しておりますので、

今更、国籍の話や他国の選手として日本と対戦するかもしれない?

という議論はナンセンスな話。

こういった背景があって潮田道夫教授は炎上してしまっているのです。

しかも毎日新聞客員編集委員という肩書きを持っており、

毎日新聞社で45年もの経歴がある人物です。

 

経歴はこちら

東京大学経済学部経済学科卒業→毎日新聞社入社→

経済部→政治部→ワシントン特派員→

経済部長→編集局次長→論説委員→論説委員長→

執行役員論説委員長→専門編集委員→客員編集委員

 

『知らなかった。』発言で呆れるTwitter民

 

[char no=”12″ char=”学生”]【悲報】新聞関係者、新聞を読まず無知であることがバレる[/char]

 

潮田道夫氏 逆ギレで火に油・・・大炎上

このツイートをし、さらに炎上は拡大。

ツイッター民は完全にバカにされていると激怒。

火消し不可の状態にまで陥っています・・・。

 

 

 

 

 

おすすめの記事