マッサージ店の女性を世田谷区の自宅に呼び、

乱暴な行為を行なったとして逮捕された新井浩文こと

本名、朴慶培(パクキョンベ)

2016年公開の『百円の恋』では助演男優賞で優秀賞を獲得した経歴の持ち主なのです。

朴慶培とは一体どんな人物なのかまとめてみました。

 

 

 

朴慶培(パク・キョンベ) プロフィール

 

生年月日:1978年1月18日

年齢:41歳

出身:青森県弘前市

身長:181cm

血液型:A型

 

名前でわかる通り、朴慶培は日本人の名前ではありません。

朴慶培の家族構成は、祖母、父親・母親・妹の5人家族で、祖父母が在日韓国人のようです。

※朝鮮籍=北朝鮮ではない

つまり朴慶培は在日朝鮮人三世になるわけですが、2005年に朝鮮籍→韓国籍へ変更しています。

父親の仕事の関係で父親が東京に赴任したため女性に囲まれた生活を送っていたとか。

朝鮮籍について調べてみたところ、あくまでも便宜上のものに過ぎないということです。

つまり『朝鮮』は地域を表すものに過ぎず、

戦後すべての在日朝鮮人に与えられた枠のため国籍を表したものではないと定義されていました。

 

、ご存知の通り朴慶培は日本で生まれましたので日本国籍か韓国籍を選ぶことができたのです。

最終的に選択したのが韓国籍だったのです。

 

 

 

韓国籍を選択するメリット

韓国籍を選択した理由についてですが、メリット・デメリットを総合的に考えて選ばれたと思うのです。

例えば、韓国籍を取得すれば通名が使え二つの名前を使い分けることができる。

 

本名→朴慶培(パクキョンベ)

通名→新井浩文(あらいひろふみ)

 

このメリットは俳優として行きていく上では非常に大きいと思います。

韓国名・日本名をそれぞれの国で使い分けできるっていうのはいいですね。

韓国で「新井浩文です」って紹介してもすぐに覚えてもらえなそうですし。

 

韓国で暮らす韓国人には、兵役というものがありますがこれが在日は免除となります。

他にも「日本人」ではないにも関わらず、日本の年金や保険の恩恵を受けられる点。

なんと、韓国の育児手当てと日本の子供手当ての二重取りができるなんて情報もあります。

さらには比較的に簡単な手続きで日本国籍に帰化できるということも大きいです。

 

韓国籍を選択するデメリット

しかしデメリットもあります。

お分かりの通り偏見です。

 

[char no=”13″ char=”男性(社会人)”]また韓国人かよぉ〜[/char]

 

実はデメリットというデメリットはこれくらいではないでしょうか?

今でこそ韓流スターやK-POPアイドルが日本で活躍し韓国の文化を親しむようになってきてはいますが、

やはり毛嫌いされる方は少なくないです。

実際に今回の事件でも以下のように偏見を持つ方は多いです。

精神的にタフでないとやっていけないかも・・・

 

 

 

 

朴慶培容疑者に対するtwitterでの反応

 

 

 

 

これらは『偏見』だと言いたいところですが、

今回のような事件を著名な有名人が行うというのはさらにイメージを悪くしたのは間違いないでしょう。

 

こちらの記事もぜひ閲覧ください↓

【朴慶培】新井浩文の派遣型マッサージ店はデリ?前科ありか?

[blogcard url=”https://extra-newspaper.com/hirofumi-arai/″]

 

 

 

おすすめの記事