新幹線の車内という逃げ場のない場所で、また恐ろしい事件が発生してしまいました。

逮捕されたのは小島一朗容疑者

一体、小島一朗容疑者とは何者なのでしょうか?

 

事件が発生したのは、2018年6月9日午後10時前

東海道新幹線「のぞみ265号」12号車

【新横浜〜小田原間】東京発新大阪行きの走行中の車内で事件は発生

新幹線は緊急に小田原駅で停車し小島容疑者は警察官によって取り押さえられました

 

小島容疑者が乗客の男女3人に切り付け1人の男性が亡くなり、2人の女性が重傷を負っています

刃物の長さは40〜50cmほどあったという話もあり車内は血まみれだったという証言も。

 

小島一朗容疑者とはどんな人物なのか?

現在の情報をまとめてみました。

名前は小島一郎(こじまいちろう)

年齢が22歳です

愛知県一宮市出身で定時制高校を卒業後、職業訓練校を経て埼玉県内の一般企業に会社員として就職

しかし、人間関係が合わないとわずか1年で退職

その後、実家で暮らしていましたが両親との間にトラブルがあり

2016年4月からは愛知県岡崎市の伯父の元で生活していました

この頃に自閉症であることが判明し2017年2月〜3月までの間入院していたとのこと

職には就かず家に引きこもり1日中パソコンを触っていたということです

そして2018年1月頃に「旅に出る」と言い残し自転車で伯父宅を出て行ったというのです

また自分の自由にならない世の中は嫌と祖母に語っていた

 

 

新幹線の座席シートの座面の意外な使い方!!

今回の事件は逃げ場のない密室で起きました

となると自分の身を守るために何かを盾にしないといけません

 

 

実はこれ容疑者が壊したのではなく、車掌から指示があり乗客が外したのです

シートの座面を外し、盾のようにしてください

と乗客にアナウンスしていました

これが意外なシートの座面の使い方だったのです

実際に車掌はこの座面を盾にして容疑者を説得していたという情報もあります

もし!

万が一同じような状況下にあたなが置かれたら

身を守るために座面を外して身を守ってください

自分の身は自分で守らないといけない時代・・・

本当に何があるかわかりません