曺貴裁(曹貴裁)|パワハラ報道!在日韓国人監督の経歴と功績とは?

 

 

現役時代にヴィッセル神戸で活躍し、
2012年から湘南ベルマーレの監督にある疑惑が…
コンプライアンス違反です。

選手やスタッフに対するパワハラが噂されており、
一部報道によると退任濃厚と言われています。
もしそれが理由で退団となればJリーグ全体に激震が走ることになる。
今後、調査が進められるとのことですのでその報告を待つばかりです。

さて曺貴裁(曹貴裁)監督についてまとめてみました。

曺貴裁の報道に関しチームがコメント

8月12日(月)発行のスポーツ報知と日刊スポーツにおきまして、湘南ベルマーレの監督である曺貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。
クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります。

応援して下さるサポーターの皆さま、ご支援いただいている企業の皆さまに、多大なるご心配をおかけすることにつきましては、大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

曺貴裁(曹貴裁) プロフィール

曺貴裁(曹貴裁) PROFILE

名前:曺貴裁(チョ・グィジェ)
生年月日:1969年1月16日
出身:京都府京都市
国籍:韓国

曺貴裁(曹貴裁)のこれまでの経歴

小学生時代にサッカーを始め、
京都府立洛北高校を経て早稲田大学へ進学し、
サッカー部で活躍されました。
大学卒業後に日立製作所に入社。
実は日立製作所のサッカー部は柏レイソルの前身で、
曺貴裁監督が在籍中に柏レイソルというチーム名になり1991年〜1993年までの間在籍していました。
その後、浦和レッズ→ヴィッセル神戸へと移籍し1997年に現役を退きます。

指導者としてサッカー界で活動するべく、ドイツへケルン大学へ留学。
帰国後は川崎フロンターレ、セレッソ大阪などでコーチを経験し、
2009年3月に『JFA公認S級コーチライセンス』を獲得。

2012年からら湘南ベルマーレの監督に就任し、
就任直後から敏腕っぷりを発揮し、
当時J2だったチームをJ1昇格させています。
しかし、2度の降格も経験するも2017年に再びJ1昇格。
若手起用で徐々にチームも強化され,
昨年はルヴァン杯のタイトルを獲得やJリーグカップでは優勝に導いています。
また日本代表の遠藤航選手や永木亮太選手を育てたことでも知られています。
若手の起用で徐々にチームは強化され今後のチームの活躍に注目が集まっていて
曺貴裁監督は2019年は9年目の年となっていた矢先の疑惑浮上でした。

選手の本当に思っている内面に気づいてあげたい」と語っていた曺貴裁監督。
疑惑が本当であれば、
選手の内面に気づいてあげることはできなかったという事になってしまいそうです。

また産業能率大客員教授に2018年から就任していることもあり、
学生に指導する立場でもありますので今回の報道は、
曹貴裁監督の今後の活動にも大きな影響がありそうです。

 

 

 

湘南ベルマーレのDVDで怒号も?

2018年に発売されたチーム紹介DVD・ブルーレイ
「NONSTOP FOOTBALLの真実 第5章」は、
舞台ウラの湘南ベルマーレを観る事ができると話題になり、
異例のヒットとなりました。

収録された映像の中には、ロッカールームで選手同士がぶつかり合う様子や
曹貴裁監督が声を荒げるシーンなども見れるとのこと。

チーム全体が曹貴裁監督を支持しているかと思っていた方も多いようで、
今回のパワハラ不動はファンの間ではショックな出来事だったようです。

 

おすすめの記事