2017年12月7日の夜に事件は起きました。

東京都江東区富岡で男女2人が日本刀を持って切りつけているという通報が入ります。

男は富岡八幡宮の宮司である富岡長子さんを車を降りたところを切りつけ、

女は逃げた運転手を切りました。

富岡長子さんは亡くなり、運転手の男性は背中や腕を深く切られ重傷とのこと。

さらに切りつけた男は女をの腹を刺し、その後自身の腹を刺しどちらも亡くなります。

この切った男というのが富岡長子さんの弟の富岡茂永容疑者です。

女は富岡茂永容疑者の知人で30代の女性とのことでした。

一体なぜ?姉と弟の間でどんなトラブルがあったのでしょうか?

 

Ads By Google

 

宮司を巡るトラブル!

富岡茂永容疑者は2006年に脅迫の疑いで逮捕されています。

「積年の恨み。地獄へ送る」「今年中に決着をつける。覚悟しておけ」などと書かれた文章を送りつけたとか。

なぜこんな事件を起こしてしまったのか?

宮司を巡る争いやお金や土地など金銭トラブルがあったようなのです。

元々富岡茂永容疑者は2001年時点で富岡八幡宮の宮司でした。

下の画像を見ていただければ納得していただけるでしょう。

1995年に前宮司である富岡興永さんが宮司を引退し長男の富岡茂永容疑者が宮司になったのです。

しかし2001年に離婚や女性関係などで素行不良が発覚し辞任に追い込まれます。

この頃から骨肉の争いが始まったと言われています。

富岡興永さんが宮司に復帰し、2010年まで務めますが体調不良を理由に長女である富岡長子さんが宮司に。

 

しかし神社本庁に具申をしたものの任命されずにいました。

そこから宮司代理という状態で長年過ごすことになります。

その後、富岡長子さんは、富岡八幡宮の職員として働いていた富岡茂永容疑者の息子を2011年に懲戒解雇したのです。

これが裁判沙汰となり血族同士のトラブルが浮き彫りになったのです。

これらがあって神社本庁は任命しなかったかと思われますが、詳しい理由について回答することがなかったため、

富岡八幡宮の責任委員会は2017年6月に離脱を通知、その後2017年9月28日に認証の通知があり富岡長子が正式に宮司になるのです。

神社本庁に任命されなかった理由は?

 

Ads By Google

 

 

土地を巡るトラブル!?

前宮司の富岡興永さんは勤務していた宗教法人・富岡八幡宮の借地権を搾取していたことが発覚。

しかも搾取した借地権を富岡長子さんとそのに相続をさせていたというものです。

妹の画像はこちらです↓

弟は!完全に疎外されてしまっていますね。

その土地に富岡長子さんは神社本庁の申請や許可なしで、400平米もの豪邸を建設したのです。

価格はおよそ1億2千万と言われておりニュースで見た方はわかると思いますがかなりの豪邸です。

しかも一人暮らしだということです。

まとめ

弟の富岡茂永容疑者はお金、土地が入らず姉ばかり裕福な暮らしをしているのが許せなかったのかもしれませんね。

さらに拍車をかけたのが正式に姉の富岡長子さんが宮司になったこと。

富岡茂永容疑者の怒りが爆発した出来事では?と言われています。

 

Ads By Google