詩織さんという女性が、必死に闘っています。

闘っている相手というのが元TBS記者で多数のTVに出演するジャーナリスト山口敬之氏

顔も隠さず勇気ある告発です。

相手は、安倍首相に近いとされる人物です。

つまり山口敬之氏のバックには強大な力があり不起訴になったのではないかと?

言われています。

山口敬之氏は一体なぜ告発されたのでしょうか??

詩織さんは以前ニューヨークの大学でジャーナリズムと写真を専攻したということもあり、

2013年頃知り合った山口敬之氏と知り合いました。


Ads By Google


詩織さんはその後日本に帰国し、

報道関係の仕事に就きたいと思っていた詩織さんは、就職やビザの取得に関しての相談を2015年3月に当時TBSのワシントンの支局長を務めていた山口敬之氏にしました。

すると山口敬之氏から食事に誘われたのです。

山口敬之氏の野暮用で日本に一時帰国する予定があったため都内で会うことに。

2015年4月3日午後8時頃に都内の串焼き屋に入り、午後9時20分ごろ寿司屋に移ったそうです。

しかし、わずか1時間20分ほどで記憶を失った詩織さん。

意識を戻した時、痛みが全身を巡ったそうです。

その時詩織さんは気づきました。

レ◯プされているんだと・・・。

この時のことを詩織さんはこのように語っています。

「私の意識が戻ったのは翌朝の午前5時ごろ。ホテルのベッドの上でした。私は裸にされており、山口氏が仰向けの私の上に跨っている状態でした。詳細については差し控えますが、はっきり言えることは、私はその時、私の意思とは無関係に、そして私の意思に反して性行為を行われていたということです」

しかし詩織さんはお酒が強くこれまでお酒によって意識を失うことなどはなかったそうです。

お酒に強いとはいえ体調次第で意識を失う事は考えられるだろうと考える方もいるでしょうが、

詩織さんがこう訴えるのは、相当な自信があるからでしょう。

被害にあった後の二人のメールのやり取りはこちらです

噂では、飲食物に何かを混ぜられた??睡眠薬??などとも言われています。

実際にそうだとすると、準強姦罪が成立するはずです。

2015年6月8日に山口敬之氏を逮捕しようと空港ヘ行った捜査員からこう告げられたそうです。

「上からの指示で逮捕できなかった」

その後2015年8月26日に書類送検されるが2016年7月22日に嫌疑不十分のため山口敬之氏は不起訴となったのです。

不起訴処分になった理由は、以下のような理由でした。

「準強姦罪の場合、第三者の目撃やビデオなど直接的な証拠がないと起訴が難しい」

しかし詩織さん側の西廣陽子弁護士は、

「目撃証言やビデオがないと難しいというのはありえない。

準強姦罪の場合、否認事件でも起訴されて有罪になったケースはたくさんある」

語っています。


Ads By Google


2017年5月10日山口敬之氏はFacebookで一連の報道を否定し、

法に触れるようなことはしていないとコメントしています。

このコメントに対して「いいね!」をした人物が・・・。

まさかの安倍首相の夫人である昭恵さん(54)でした。

このことでバッシングされますが

「いいね!しただけで、あんなに責めなくてもね(笑)」

とことの重大さを理解できていない様子です。

森友問題に続き問題続きですね。

安倍首相も関連しているのでは?と言われるこの事件果たして真相はいかに。

あなたならどちらの主張を信じますか?

・何をされたのか事細かに説明し、本名まで公表し会見に挑んだ詩織さん。

・Facebookで法的に問題はないと主張する山口敬之氏

 


Ads By Google