みなさん水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」というアニメを覚えてみますか?

主題歌も有名すぎるほどでしょう。

2017年8月末にYouTubeにアップされた「ゲゲゲイの鬼太郎」のかっこいいダンスミュージックバージョンのビデオが、評判になっています!

 

 

この「ゲゲゲの鬼太郎」のビデオでクールなダンスを披露しているのが、「東京ゲゲゲイ」というダンスユニットの皆さん。

男女混合の5人組で、このグループを率いているのがMIKEYこと牧宗孝さん。

このビデオでは鬼太郎に扮していますが、なかなかのイケメンです。

このMIKEYについていろいろ調べてみました!

 

Ads By Google

 

MIKEYはどんな人物?

 

MIKEYは東京ゲゲゲイのリーダーであり、演出家、振付師として活動しています。

MISIA、加藤ミリヤ、BoA、クリスタル ケイといったアーティストの振り付けをしています。

2005年ころゲイであることをカミングアウトし、

「これでやりたいことがいろいろとできるようになった」

とコメントしています。

 

Ads By Google

 

2013年に「東京ゲゲゲイ」を結成!メンバーはMIKEYとMIKEYが講師を務めていたダンススタジオの教え子4人で結成されており、ダンスコンテストDANCE@HEROに出場、第五代目DANCE@HEROに選ばれていますので、ダンスの上手さは折り紙付きです。

MIKEYは、女装でダンスを行うことが多いようです。

「ゲゲゲイの鬼太郎」では、鬼太郎役ですので、鬼太郎の格好ですけどね!

MIKEYのスッピンは?

スッピンが気になるということで探すと結構あっさりとスッピン画像が見つかりました。

化粧をとった姿でその辺を歩いていてもMIKEYさんだと気づくのは難しいかもしれません!

引用元:http://dazzle.sblo.jp/article/175591277.html

引用元:http://www.interfm.co.jp/tyodancepark/blog/2015/04/

MIKEYの生い立ち、ダンスを始めるきっかけ

MIKEYは子供のころから目立つことが好きな子供でした。

5,6歳のころで、親戚が集まった機会に、中森明菜や中山美穂の曲を踊って歌ったのが一番初めに行ったショー。

お母さんのワンピースを着て行ったそうで、歌うことが好きな子供だったことがうかがえます。

本人の希望で3歳から日本舞踊、お囃子、獅子舞などの稽古を受けました。地元立川のお祭りで踊ったりお囃子をするのが大好きな子供でした。

これがMIKEYのダンスの原点になっているともいわれています。

中学に入ってからは日本の踊りから離れてストリートダンスを意識するように。マイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソンをまねして、家で踊ってたそうです。

19歳の時に歌手を目指して事務所に所属しましたが、基礎を身に着けるということでダンスレッスンとボイストレーニングを受けさせられ、退屈で半年でやめることになりました。

その後クラブに通いストリートでも踊ることで、独学でダンスを始めて行きました。

あの奇抜で個性的なダンスは誰かに習ったのではなく、MIKEYが自分で学んでいったものなのですね!

なんだか納得です。

 

MIKEYの恋愛についてのエピソード

ゲイであることを告白している、MIKEY。

もちろんお相手は”彼”になるわけですが、MIKEYとお母さんとのほっこりするエピソードがあります。

MIKEYが失恋についてお母さんに質問したところ、母の答えが秀逸です。

 

MIKEY:「失恋の乗り越え方ってなんかある?」「彼氏と別れて辛くて死にそうなんだけど」

お母さん:「死んじゃったかね。丸井の支払い来たよ。支払いお願いします。生きているなら宜しくね」

 

お母さん…!!泣

これ2017年の5月のツイートなのです。

このころMIKEY、残念ながら失恋してしまったようです。

現在彼氏がいるのかは、わかりませんでした。

これからもMIKEY、そして東京ゲゲゲイの活躍に注目です!

東京ゲゲゲゲイについての情報やこちらの記事への感想などございましたら、

ご遠慮なく一番下のコメント欄にご意見お願い致します!!

 

Ads By Google

 

東京ゲゲゲイとは何者?メンバーは?マイキー素顔は?結婚は?