栗城史多エベレスト登頂は無謀?指9本切断原因はスマホ?結婚は?

Ads By Google

 

 

世界最高峰の山“エベレスト“に挑む人物

栗城史多さんをご存知でしょうか?

世界で初“単独無酸素登頂”をは実現できるのでしょうか!!

これまでに4度エベレストに挑みますがいずれも失敗し4度目の失敗の時には重度の凍傷で指9本を失うという不運に…

しかし、それでもエベレストへ挑戦するという冒険家魂が“カッコイイ”と言われる一方で“無謀すぎる”と批判の声も少なくないようです。

さて今回5度目のエベレスト挑戦ですが果たして登頂成功し、世界の登山家を驚かせる事は出来るのでしょうか?

日本だけでなく世界が注目しております!!

栗城史多 プロフィール

o050005001298444032535出典:http://ameblo.jp/kurikiyama/

本名:栗城 史多(くりき のぶかず)

生年月日:1982年6月9日

年齢:33歳

出身:北海道瀬棚郡今金町

最終学歴:札幌国際大学

職業:(株)たお 代表取締役

主な登山歴

2004年6月

・マッキンリー6194m単独登頂

2007年5月

・チョ・オユー8201m単独・無酸素登頂

・7500m地点からスキー滑降

2008年10月

・マナスル8163m単独・無酸素登頂

・山頂直下からスキー滑降

2009年9月

・エベレスト北側8848m メスナールート7950m地点まで

2010年10月

・エベレスト8848m 7550m地点まで

2011年10月

・エベレスト8848m サウスクロワールルート7800m地点まで

2012年6月

・シシャパンマ南西壁8027m 

※6500m付近から滑落したが生還

2012年10月

・エベレスト8848m 西陵ホーンバインクーロワール8070m地点まで

2014年7月

・ブロードピーク8047単独・無酸素登頂

引用元:http://www.kurikiyama.jp

エベレスト登頂が無謀?批判される理由!

“無酸素“

“単独” 

栗城史多さんは二つ言葉を常に強調していますが、

これが無謀と言われる原因かと思います。

まず無酸素についてですが、標高8,848mのエベレストを登る際に多くの登山家は酸素ボンベを所持します。

なぜかというと平地と比べると気圧が1/3になるからです。

気圧が下がるという事は空気密度が下がります。

すると1回の呼吸で吸える酸素の量が少なくなるのです。

医学的にエベレストの頂上でボンベなしでは、10秒程度で意識を失うらしいです。

呼吸困難や肺水腫、脳浮腫になり、死に至るとまで言われています。

そんな場所を無酸素で登るなんて無謀では?という意見もありますが、

これまでに無酸素登頂を成功させている人物がいるという事実もあるので無理というわけではなさそうです。

ただし通常酸素ボンベを使用する必要があるとされるエベレストのみだとも言われており、

他の山を無酸素で登ると強調する事は何の意味もないと批判されています。

Ads By Google

 

 

次に単独についてです。

単独という言葉から簡単に言うと1人で登るという意味ですが、

1人で登るという事も様々な説がありどこからが単独と言えるのかが難しいです。

栗城史多さんの場合、ベースキャンプから自らの荷物を全て背負い登頂することを指しているようです。

実際には栗城隊というサポート隊を結成し、シェルパ(ネパールの少数民族)が固定ロープの設置やキャンプ設営し、

無線で気象情報や行動計画など一部始終を監視し隊員がサポートしていることになります。

ここまでサポートを受けていては単独とは言えないという登山家も多く、

全てを1人で行ってこそ単独と言えるのだと批判されているようです。

実際に雪崩が起きるかどうかや下山の判断を栗城隊にサポート隊まかせにしており、

自己判断で登っているわけではないですね。

指9本切断原因はスマホ?

2012年4度目のエベレスト挑戦で失った右手親指以外の9本の指…

命までは失わなかったものの代償は大きいですね。

第二間接から先を切断することになったのは凍傷になってしまったからです。

なぜそこまで酷い凍傷になったのか?

それは外部との連絡をするためのツールを使用していたからです!!

そうそれが、

“スマートフォン”です。

スマホをいじるために指ぬき手袋をはめていたのが大きな原因でしょう。

20130209214058c85出典:http://wappjapp.blog66.fc2.com/blog-entry-2258.html

20130209214636730出典:http://wappjapp.blog66.fc2.com/blog-entry-2258.html

現在は、専用の手袋でスマホをいじる事が出来るようになりましたが当時はなかったのでしょう。

悔やまれますね…

この件についても、批判は多くあります。

・気温−15℃〜−25℃の世界で指出したら当たり前の結果だろ

・素人でもそんなことはしない

・指なしで手袋はめることがカッコイイと思った?

などなどです。

結婚はしているのか?

現在は、独身です。

単独が好きなのでしょうか?

そういうわけではないようで、

以前付き合っていた彼女と登山した事が忘れられず登山を続けているという女々しさやナルシストな部分が、

結婚できない原因なのかも知れませんね。

まとめ

top_large

色々と批判も多いのは事実です。

しかし、親指一本で現在エベレストで5度目の挑戦を行っており、

必死に頑張っているはずですので、皆さんも応援してあげましょう。

無事に生還して良い結果を日本国民に報告して下さい!!

Ads By Google

最後までご覧頂きありがとう御座いました

5 Responses to “栗城史多エベレスト登頂は無謀?指9本切断原因はスマホ?結婚は?”

  1. りえ より:

    いつの記事か知りませんが、指なしの手袋をはめてエベレストに登るわけないでしょww
    ご本人も、講演会で笑ってましたよ。
    きちんと事実を確認してから、記事を書きましょうね。ネットの噂を信じない!

    • キャンパス より:

      栗城さんはこのブログに書いてあるとおりウソ、偽りの多い人です。
      (単独無酸素ではありません。キリマンジャロは単独での登山は禁止されています。その他、正式に認められていないのに登頂したと言い張っている山が複数あります。)

      本人が講演会で笑ってたとおっしゃいますが、その発言自体信ぴょう性に欠けるのは、彼の登山履歴から見ても明らかでしょう。

      彼の発する気持ちのいい言葉に感動したのかもしれませんが、講演で話す内容と実際の登山にはかなりの違いがあります。ネットをご覧頂ければそのような情報はたくさん出てきますのできちんと調べてみて下さい。

      その上で彼を応援するのは自由です。

      彼の真実が世間にバレて誰からも相手にされなくなってもずっと応援してあげてくださいね。

    • より:

      残念ながら、栗城氏の指ぬき手袋は動画でも静止画でもしっかりと記録されてしまっており、ネットの嘘ではなく事実です。

      もし彼が本気で否定したいるのだとすれば、「普通の手袋も持っていった」ということでしょう。彼の反論はこういう論理のすり替えが非常に多いのが特徴です。

      こういう人に騙されないように気をつけたほうがいいですよ。

  2. 指なし より:

    このつそせふ指なしめ!

  3. 名無し より:

    古い記事ですがコメントを。
    栗城氏が指を失ったのも何億円という大金を投入して何度も挑戦して失敗するのは、登頂に必要な要素が全てが足りていないからでしょう。
    スケジュール管理が出来ない事(無謀なスケジュール、ニトリの社長にも怒られてスポンサー降りられましたね)
    トレーニング不足(体力が無いので極端に行動時間が少ない、ホノルルマラソンのタイムは6時間38分…)
    登攀スキルが無い(冬の北アルプスにも行けない、八ヶ岳にガイドに連れて行ってもらう等々)
    これでは登れる訳無いですね

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ