Ads By Google

 

日本テレビのドラマ『永久就職試験』で初主演を演じる事になった

桐山漣さん!

これまでにミュージカル『 テニスの王子様』やドラマ『磁石男』にも出演していた経歴があります。

ところがブレイクするまでにはならず今回の主演ドラマでブレイクする事が期待される人物なのです。

実は俳優の登竜門とも呼ばれるあの子供に大人気のヒーローだったという過去を持っており、

話題になりつつある桐山漣さんについて徹底リサーチしていきます。

桐山漣 プロフィール

629出典:http://yaplog.jp/monster-trunk/archive/320

名前:桐山漣(きりやま れん)

生年月日:1985年2月2日

年齢:30歳

出身:神奈川県横浜市

血液型:O型

趣味:スノーボード、ビリヤード

特技:スキー、ベース

俳優になるためにカフェや、ティッシュ配り、とんかつ屋など多種多様なバイトをしていたそうで、

多い時には3つものバイトを掛け持ちしていた下積み時代があります。

非常に努力家で夢を諦めない負けん気もあるんです。

家族構成は母親と弟の3人家族のようです。

本名や身長は!?

身長は175cmです。

スリーサイズはB90:W71:H86

なかなかのプロポーションですね(笑)

本名は桐山漣ではないという情報があります。

調べてみると西山 英樹(にしやま ひでき)が本名である可能性が!!

またこの本名が噂になると共に整形ではないかという疑惑も浮上しました。

実際に画像で検証して見ましょう。

default_91dd48a5a82c888e88eebabf8298623a出典:http://laughy.jp/item/5469b31b0cf2b76897707568
(左)西山英樹(右)桐山漣

いかがでしょうか?目以外はそっくりなのですが目がちょっと違いますよね?

英語が堪能?

ドラマや舞台のメイキングなどで英語を喋っている様子が度々目撃されています。

もしかして帰国子女!?

と気になり調べてみましたがそれは無さそうです。

高校は桐蔭学園高校出身で大学は玉川大学教育学部

を卒業しています。

桐蔭学園高校といえば神奈川県屈指の進学校で偏差値70でランクSの名門高校です。

 それに大学も教育学部を専攻しているということもあり英語力は多少なりともあるようで、

それなりに英語は話せるのだと思います。

 仮面ライダーWだったって本当?

b0174115_20321255出典:http://matome.naver.jp/

桐山漣さんの幼い頃からの夢それこそが

「仮面ライダーをやること」

だったのです。

特に影響を受けた作品が『仮面ライダーBLACK』です。

夢を実現するために苦しい下積み生活をしていたわけですが、

銀行の預金額が2桁という時もあった事もあるのです。

2006年から2009年までの間に以下の仮面ライダー作品のオーディションに応募しました。

・仮面ライダーカブト 主演:水嶋ヒロ

・仮面ライダー電王 主演:佐藤健

・仮面ライダーキバ 主演:瀬戸康史

・仮面ライダーディケイド 主演:井上正大

しかしいずれも惜しいところまで行くのですが落選…

諦める事なく『仮面ライダーW』で5度目の挑戦。

応募者2,000人の中で一番に仮面ライダーになりたいという気持ち

が強かったということで監督に認められ、

見事に勝ち取ったのです。

ちなみに、仮面ライダーカブトの水嶋ヒロさんとは高校の同級生でクラスメイトだったという情報もあります。

クラスメイトに夢の仮面ライダーを演じられ自分は落選したということは相当なショックだったのではないでしょうか?

Ads By Google

結婚や彼女は?

1-3出典:http://gree.jp/kiriyama_renn

共演がきっかけで噂になった人物がいます。

飛鳥 凛 ⇒ 仮面ライダーWで共演

西内 まりや ⇒ ドラマ「スイッチガール」で共演

有末麻 祐子⇒ドラマ「正しい王子のつくり方」で共演

しかしいずれも共演者として仲良くしていただけで、お付き合いをしたという正確な情報はないのです。

つまり全て噂でありお付き合いをした可能性は低いですね。

結婚もまだで現在独身です。

好きな女性のタイプについては以下のようにインタビューで答えていたそうです。

「常識のきちんとした子で嘘をつかない子がいい」
「やわらかい雰囲気をもった大人しめな子。がつがつ来るのは苦手」
「普段はクールなのにへぇ~笑うとかわいい顔するなぁみたいなギャップのある笑顔が素敵な子」

引用元:http://laughy.jp/1418293665367175521

Ads By Google

最後までご覧頂きありがとうございました