スポンサードリンク

 

樋口新葉(ひぐちわかば)とは女子フィギュアスケート選手で

14歳ながら全日本選手権3位という脅威の実力の持ち主

世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会では宇野昌磨選手と共に優勝が期待されています

期待されている事は非常に良い事だとは思うのですが、

実はネット上では叩かれてしまう一面もあり

話題性がある人物としても有名なんです

以下の内容を徹底リサーチしてみます

樋口新葉4回転で浅田真央を越える!?

顔や性格が恐い?

両親は?

ワキ汗凄い?

プロフィール

20141227-OHT1I50072-S

 

 

本名:   樋口新葉

愛称:   ばっちょ

生年月日: 2001年1月2日

年齢:   14歳

血液型:  A型

出身:   東京都

身長:   149cm

コーチ:  岡島功治

2014−2015成績

全日本選手権 3位

全日本フィギュアスケートJr選手権

優勝
JGPファイナル 3位
シュベルター杯 優勝
チェコスケート 2位
アジアフィギュア杯 優勝

 

樋口新葉4回転で浅田真央を越える!?

20141203-00000002-wordleafs-0a34be525954b8acd3eef44c792788a0d

 

平昌オリンピック出場が期待されますが

ライバルがひしめくフィギュアスケート女子

何か武器がないとオリンピックで金メダルを目指すどころか出場すら危ういでしょう

そんな樋口新葉選手の今目標としていることそれは…

4回転トゥループを2本跳ぶ

なんです。

女子フィギュアスケーターで4回転トゥループを成功させたという事例は今までにない

ちなみに安藤美姫選手の4回転サルコーが唯一の成功例です

そんな大技に挑戦するのは、ビックマウスか夢物語だろうと思われがちですが

そうでもないようです

コーチの岡島功治さんは

平昌では女子も3回転半、4回転は当たり前になっているはずだ。

新葉はスピードや体力は十分にある。4回転の練習は今オフから始める。

と語っています。自信があるようですが一体なぜでしょう?

参考になるかどうか分かりませんが、

樋口新葉選手の50m走を7.1秒で走るという

14歳女子の平均タイムは8.76秒

7秒前半を記録するのはかなりの運動神経の持ち主との事です。

149cmと小柄ながら運動神経は抜群ということと、実は既に形にはなってきているため

自信があるのではないかな?と思います。

今更ですがトリプルアクセルを成功させた事ないんですって

本当に大丈夫でしょうか!?

不安ではありますが期待しましょう!

スポンサードリンク

顔や性格が恐い?

 

顔は?

普段は幼さがある非常に可愛らしい顔だが、協議中となるときりっと大人びた顔に変身するんです

まだ表情コントロールが上手く出来ないようで、全日本選手権で宮原選手に得点を超された時

i320-2笑顔が崩れいかにもオカシイダロ感がある恐い顔をしてしまったのに対し酷評が殺到してしまいました

  • 表情が恐い
  • 好きになれそうにない
  • 性格悪そう
  • 生意気

すぐさま謝罪したが既に時遅し、

氷上では上手く滑る事は出来るんですが、表情はまだ難しいか…

まだまだ14歳ですのでこれからどんどん勉強していってくれる事でしょう

魅せるスポーツですので常に見られていることを意識できるよう成長してい頂けるといいですね

性格は?

 

性格はとにかく負けず嫌いらしいです

先ほどの表情からも分かると思いますが、悔しさが顔ににじみ出てしまうくらいの負けず嫌い

自身もその性格は認めていて、インタビューでは以下のように語っています

試合に負けたら家に帰ってからヤバいです。もうなんか1時間くらい荒れていて

1回その日は立ち直るけど次の良いなったらまた変になります

 

両親は!?

んー残念ながら両親についての情報は御座いませんでした

随時チェックしまして何か情報があればUPします

3歳でスケートを始め、在学中の中学校が『日本橋女学館中学校』という中高一貫の私立学校に通っていることから

裕福な家庭に育ったんではないかな?

医者や弁護士、会社経営者だったりするかもしれませんね

ワキ汗が凄い!?

AS20141228002287_comm

 

正直、なぜ『樋口新葉 ワキ』で検索されているのか疑問でした…

ワキ汗が凄いのかと思って色々と調べましたが一切の情報がない

ワキ毛か?と頭をよぎりましたがフィギュアスケート選手で

ワキ毛処理していない人はいないでしょう

なぞだらけです

もしかするとワキフェチの人が見ると樋口新葉選手のワキは綺麗で

画像見たさに検索しているのではないかな?と思われます

まとめ

14歳でありながらシニアでも活躍してしまう樋口新葉選手

世界ジュニア優勝は要チェックです。

17歳で迎える平昌オリンピック果たして

トリプルアクセル、4回転トゥループが跳べるようになっているでしょうか?

期待が膨らみますね

ジャンプ、スケーティングの成長はもちろんですが

大人の女性としても成長することに力を入れて頂き

批判されない女性になって見返してやりましょう!

頑張れ樋口新葉選手!!

スポンサードリンク

最後までご覧頂き誠にありがとう御座いました