先日、乃木坂46の橋本奈々未さん華々しく引退しましたね。

ところが文春砲が放火されたと今話題になっています。

さてなぜ今なのでしょうか??

しかも不倫というから驚きですね。

そのお相手というのがなんと

ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下SME)の取締役というから驚きですね。

これだけ聞くと芸能界の闇が感じられますが果たしてどんな話になっているのか?

またその取締役とは一体どんな人物なのか??


Ads By Google


 

SME取締役 村松俊亮 プロフィール

出典:https://www.google.co.jp 

名前:村松俊亮(むらまつしゅんすけ)

生年月日:1963年6月8日

年齢:53歳

出身:大分県大分市

大学はどこ?経歴まとめ!

地元大分県大分市にある大分県立大分上野丘高校を卒業しています。

何と偏差値70越えのSランクの高校です。

大分県ではトップの偏差値を誇る高校として有名ですね。

高校卒業後は立教大学経済学部へ進学しその後卒業しています。

大学卒業後の経歴については以下ご参照ください。

昭和38年(1963年)6月8日生まれ
昭和62年(1987年) 4月 (株)CBS・ソニーグループ入社 販売推進本部東京第1営業所2課
平成 2年(1990年) 1月 同社CBS・ソニーレコード販売促進部1課
平成 3年(1991年) 4月 社名変更により(株)ソニー・ミュージックエンタテインメント
平成 8年(1996年)10月 同社SR制作本部制作3部
平成11年(1999年) 9月 同社営業グループ大阪営業所販売促進課課長
平成13年(2001年) 2月 同社Soffio Recordsプロモーションルーム課長
平成13年(2001年)10月 分社化により(株)ソニー・ミュージックレコーズ Soffio Records 代表
平成14年(2002年)10月 同社代表取締役執行役員専務
平成17年(2005年) 6月 同社執行役員社長
平成20年(2008年) 3月 (株)ソニー・ミュージックエンタテインメント コーポレイト・エグゼクティブレーベルビジネス第1グループ代表
平成25年(2013年) 6月 同社コーポレイト・エグゼクティブ レーベルビジネスグループ代表
平成26年(2014年) 2月 同社コーポレイト・エグゼクティブCOO(レーベルビジネスグループ担当)

引用元:http://www.musicman-net.com/report/112.html         


Ads By Google


オレンジレンジを大ブレイクさせた張本人が村松俊亮さんです。

下から押し上がっていったやり手の元営業マンなのです。

あれよあれよと出世していき、

現在は複数のグループ会社の取締役を兼任しています。

次期社長との声もあり今後この報道がどう影響していくかも気になりますね。

村松俊亮さんは非常に優秀な方ということは間違いないです。

結婚はしている?

村松俊亮さんが結婚していた場合、報道通りであれば不倫という形になります。

不倫かどうかで大きくその人に対する印象が変わるわけですが、週刊文春さんでは「不倫」という文字は使っていないですね。

一応一般人ということもあり詳しい情報はまだないようです。

しかし調べてみると奥様がいることは間違いありませんでした。

なんと橋本奈々未さん自身奥様とも面識があるようですからね。

配偶者がいるということは今後大きな問題に発展する可能性もあります。

村松俊亮と橋本奈々未(乃木坂)はどんな関係?

出典:https://www.google.co.jp

村松俊亮さん53歳

橋本奈々未さん24歳

年の差なんと29歳です。恋愛関係?なくはないですが、個人的には芸能界の闇のような気がしてなりません。

という言葉がありますがまさにこれなのではないかと思ってしまいます・・・。

しかし橋本奈々未さんはこのように否定しています。


Ads By Google


父親のいない私に本当の父親のように親身になって相談に乗って頂いていた村松さん、そして日頃からお世話になっていた奥様にも悲しい思いをさせてしまうことが私もとても悲しいです。

どうやら芸能関係の裏方で働きたいという相談を村松俊亮さんが受けていたようです。

これが真実だとしても村松俊亮さんはもう少し配慮が必要だったのかもしれませんね。

芸能関係の仕事に長い間携わっているわけですから相談に乗ったとはいえ二人きりで食事に行ったりライブに行ったりすればどうなるか想像できたはずです。

村松俊亮さんは橋本奈々未さんを守る立場であり芸能界を引退した橋本奈々未さんが謝罪文を出さなければならない状況になってしまったのは村松俊亮さんのワキの甘さが問題ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました